工業の勉強をするとは

大学で工業を学ぶとは

理系大学を選択した人の進路

理系大学と言う選択した貴方は、前途有望であると言えるでしょう。貴方が学んだ事を求めている人が、この社会に数多く待っているのです。工業系の会社社長は、学問を修めた貴方の頭脳と若さを待ち望んでいます。貴方が学んだ事も、これから貴方に求められる事も、誇るべき事なのです。私達の社会において、工業とは、過去現在未来を繋ぐ社会の礎であるのです。そして、今まさに、それを引き継ぐ理系学問を修めた若者を求めているのです。大学から旅立った貴方は、少し先の未来において、その頭脳と情熱と若さによって、社会を牽引していく人材となっているのです。

理工学系の大学生の就職事情

大学の理工系学部出身者の多くは、かつてはそれぞれの専門性を活かせる製造メーカーの技術系職種への就職を目指してきました。しかし、近年では製造メーカーでハード技術に携わる事より、ソフトやシステム開発と言ったソフト技術に携わる事を希望する学生が増えて来ました。この要因としては、日本の工業が従来の様に光り輝く産業に見えなくなっているからでしょう。大企業においてもリストラを繰り返す状況下で、製造メーカーのエンジニアに魅力を感じなくなっているからでしょう。しかし、工業は日本の産業の基盤であり、若い大学生が技術開発を担う事を避けるようになっては将来はなくなります。若い人には、自分が技術者として牽引し、企業体質を変革する力になってやろうと言う気概を持って欲しいものです。

↑PAGE TOP

Copyright © 大学で工業を学ぶとは All rights reserved